スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

猫と私 その2 

お昼過ぎに、娘が用事で出掛けたので
そのスキに実家に行って来ました。

行って見ると、息ははかなく、目も見えていなそう。

呼びかけても、反応は無くて意識もなさそう。

母とぽつぽつ話をしているうちに
容態が急変して、あっという間に息を引き取っていました。


離れて暮らしてはいたけど、最後、一緒に過ごせてよかった。

カレは初めて飼った猫で、一番思い入れの深い子だったので
どんなに仕方が無いコトだとは分かっていても
切なくて悲しくて、仕方がないわ。


とはいえ、今まで、いろいろな猫を見てきたけど
カレはとびきり幸せモノで、
お互い、まさに一片の悔いなし!ってところです。

18年間、ご苦労様!って声をかけておきました。



[2009/04/18 17:01] | TB(0) | CM(2)

思い入れが深いとつらいですよね・・・
私も小さい頃飼っていた金魚とかが死んでも悲しかったです
別れがあるから出会いもあるはずですし頑張りましょう!
[2009/04/18 23:00] トウモロコシの実 [ 編集 ]

あやさん、
猫ちゃんはあやさんを待ってたんですね、きっと。

最後にあやさんが一緒にいてくれて、
幸せな気持ちで旅立ったんだと思います。


犬でも、猫でも、
亡くすと本当に哀しくて辛いですね。
私も、亡くした猫の事を思い出すと、
今でもやはり泣けてきます。

しかし、18年間、
大切にされて、幸せな猫ちゃんでしたね。
心から、ご冥福をお祈りいたします。
[2009/04/18 23:22] にゃんかぶ [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kabutoseikatu.blog94.fc2.com/tb.php/337-a63bc74b











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。