スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

やっぱりリキッドで・・・・ 

みなさま、こんばんは~~~!

お久しぶりでございます・・・ヾ(*´∀`*)ノ

毎日、すっごく暑いのに、日経は不調ですね。
為替も円高で、雰囲気はあまりよくないようだし、相場は寒そう。

私は毎日、ものすご~~~く忙しくて、久しぶりに株価ボード
みたんだけど、感想は・・・・


あんまり変ってない・・・・・


日経は下がってるけど、私の見てる銘柄たちはあまり
変化が見られない。もっといっそ、下がってくれたら
買っておいてもいいかもしれないけど、今はやっぱりリスク
が高そうですね。



さてさて、気がついたらもうお盆も終っちゃいましたね。
そして、私は・・・・4日前に・・・・

またひとつ・・・・大人になりました。う~~~ん・・・・。


さらに、このブログもなんと3年目に入りました。

こんな状態でヨロヨロだけど、細々続けられるところまで
頑張るつもりです。




それで、話は全然違うけど、前回の話でアイラインを買う!って
言っていたけど、その後の話です。


あの後すぐ、子供達とジャ○コへ行って商品チェックしてみると
思いもかけず、イロイロなメーカ-から出てるんですね。

あまりにも、イロイロありすぎて、ふと娘で試してみる事に。
(大人が真剣に試してるのもさすがに恥ずかしいから)


で、片目ずつ、違う種類のアイライナーをダイナミックに
娘の目に入れてみたら・・・・・・・・



・・・・変化がない!!!!!!!


試してみる意味がないくらい、全くアイライナーが見えない。
親ながらびっくり!

大きくなったら、きっと二重にするって言うだろなあ。
その時は快くOKしてやろうと心に誓った母でした。


子供達はもう19日から学校が始まりました。
娘の宿題、工作&自由研究はなんとか間に合ったけど、
息子の工作が終らず、なんと今さっき、私が必死に
製作しました。


だからもう、夏休み終ってるって・・・・涙。


なんだかとりとめのない、更新になりました。ごめんなさい・・・。


それでは、また!



いつも、訪問ありがとうございます!よろしければぽちっとお願いします!

スポンサーサイト

[2010/08/22 20:39] | TB(0) | CM(3)

ダウ、ちょっとだけ上昇・・・ 

みなさま、おはようございます。

ダウが、200ドルくらい騰がる夢見たような気がして
朝起きたらぐったりしていた私です。

でも実際はチョイ上げくらいでほんと良かった・・・。


スイングはほんと拷問プレイみたいでじわじわきますね。
ま、含み益ならいいんだろうけどさ~。

あ、でも、含み益でもそれはそれで疲れますよね。
とにかく月曜、どうなるかな~~~。

さて話は違いますが、今日は娘の話を書きます。


無事2年生終った娘ですが、担任の先生に恵まれず、
結構切ない思いしました。

すごく厳しい女性の先生で(45~50歳くらい、子供なし)
個人面談の時に面と向かって

「お宅のお子さんは見てるとイライラします」

と言われたりしました。

面談中も、アレが出来ません。コレが出来ません。
のオンパレードで、1つも褒めてもらえなかった。

学校外で会うと、親子共々、無視される始末で
学校に送り出すのが憂鬱でした。
(他のお家もそうだったそうだ)

学校の教育方針にも?な部分が結構あって、たとえば、
息子は今年入学で、入学説明会の時、さんすうセットの
話になった時にね。

さんすうセットのお下がりは禁止とのことでその説明が

「他の子と少しでも違うと子供は混乱するし、
いちいち説明するのが面倒。
1つで足りないと、勉強に支障が出るし、
毎年、少しづつ違うから」

との事。

その話を聞いた、あるお母様が(きっとお下がりがあったんだと
思うんだけど)

「家のさんすうセットは何も不足していないし、
そんなに違いがあると思えない!」
って訴えたら、先生が・・・なんと・・・

「2000円くらいのモノなんだから、納得してくださいよ~」

って言ったの。

いやいや、お金の問題じゃないんじゃないか?
会場全体がざわめき、その先生の対応に悪さに愕然としました。

一生懸命に頑張る先生も確かにいらっしゃるんだろうけど
なかなかお目にかかれない気がします。

ま、そんな感じの学校ですが、当の娘はワリとけろっと
してたので、私も出来るだけ先生の話はしなかったんだけど。

そんな中、3学期に道徳の授業で、自分の生まれた頃の事を
学ぶ時間があって、生まれた時の様子だったり、赤ちゃんの
頃はどんなだったのか?とかいろいろ聞かれて、教えてあげたの。

でその授業中に、こんな手紙を書いてくれたの。

RIMG0009_convert_20100327095759.jpg


家ぞくのみんなへ

「ここまでそだててくれてありがとう!
よくないてたいへんだったわたしを 
2年生までそだててくれてうれしいです。 
これからもおせわになるけどよろしくね!
弟へ よくけんかをしてたけど いっしょにあそんだり
わらったり おかしを分け合いっこしたり楽しかったよ。
四月から1年生だからいっしょに学校までいこうね」



読みながら、私、感動したんだけど・・・・・

この手紙ってまるで・・・・・そう、これは

花嫁が両親へ読む手紙?


そう思ったら急に可笑しくなって、笑っちゃったよ。

いつか、本当にこんな手紙を読んでお嫁に行っちゃうのかな
とか思ったけど、ま、これからもお世話は続くよね!


それでは、また!


いつも、訪問ありがとうございます!よろしければぽちっとお願いします!

[2010/03/27 09:54] | TB(0) | CM(2)

恐怖の参観日 その2 

こんばんは!

明日書こうと思ったんですが、明日は明日で
息子の参観日なので時間取れないし、
思いがフレッシュなうちにアップしようと思って
書いてます。



タイトル通り、前回に続いて、今回の参観日も
私は震撼することとなりました。



話は少し遡りますが、3月の春休み前、娘が学校から
算数セットのかぞえぼうを持って帰ってきた。

その時、多分、本人に
「使わないの?」
と聞いたハズ。で、本人に
「使ってないよ」
って聞いてから、かぞえぼうは子供達のおもちゃに
なっていた。

4月に入ってからも、かぞえぼうはおもちゃ箱に入っていて
少し気にはなったものの、持って行かないんだから、
きっと使っていないんだろうと、そう私は思っていた。



しかし。



そうではなかった。




今日、参観に行ってみると科目はさんすう。

始まった瞬間、先生が

「はい、じゃあ、かぞえぼうを並べましょう」




かぞえぼう・・・・・


かぞえぼう????



かぞえぼうって、あのウチのおもちゃ箱に埋もれて
いた、あの、かぞえぼうのことか?


工工エエエエェェェェェヽ(゚Д゚;)ノ゙ェェェェエエエエ工工



娘は、私を振り返り、少し困った顔をしただけで
平然としていた。

娘を除く、他の子全員がかぞえぼうを一生懸命並べて
いるというのに、わが娘は、ぼーっとしてる。



私は、とにかく落ち着いて考えてみた。


クラスの様子からおそらく、
4月の初めからきっと算数でかぞえぼうを使って
授業が行われていたと考えられる。

でも、娘は一言もそんな話はしなかったし、
ついこの前もかぞえぼうを弟にぶつけて
遊んでいた!

つまり、娘は毎日、授業で使っているにも
かかわらず、家にあるかぞえぼうを持って
いかなかったということ、だよね?みたいな。




これって、フツウじゃないよ・・・・。


フツウなら、

みんな持ってるのに、持ってないのは恥ずかしい

とか、

授業中ないと困る

とか思うじゃない。

私も小学校の頃とか忘れ物すると
恥ずかしくてすごく困った記憶があるもの。


だいたい、このテの忘れ物は口で言っても
仕方が無くて、自分で恥ずかしい思いをすれば
次からは気をつけるようになる、とか、そういう
モノだと私的には思うんだけど、でも、

我が娘の場合・・・・・



恥ずかしいと思わない

&たいして困ってない!




恥ずかしい気持ちとか、困る気持ちとか
どう教えればいいのかしら????

忘れ物をしないように、私がチェックしたとしても
根本的に解決はしない。

やっぱり、本人が自覚してきちんと出来るように
ならなくちゃ、だめなのに・・・・・。


て、手ごわい・・・・(。◕ฺˇε ˇ◕ฺ。)

彼女の思考回路は、私の想像の外にあるわ。
それだけは間違いない!




ちなみに2年生から新しい先生になったんだけど
その先生が5月の連休まで、病気療養中で
それまでは定年退職したおじいちゃん先生が
ピンチヒッターだったので、先生も
1ヶ月だけだしと割り切っていたようで、
なーんにも連絡くれなかったのです。


それでも、もう、2年生なんだから
しっかりしてほしい・・・・・・・

娘にかぞえぼうなくて困らなかったの?
みんな、持っていたよ?って聞いたら・・・・


「頭のなかで考えてたんだ~♪」

とあっさり言われちゃったよ。


なんか、娘っておもしろいわ~。
私には無いものを持ってる!

もう少し大きくなればしっかりしてくるのか?

うーむむむ。

参観日のあとは新任教員の歓迎会で
さっきまで飲み会でした。(私は飲めませんが)


あー、疲れた・・・。


もう寝ますね~~~。


みなさま、よい週末をお過ごし下さいね~~




いつも、訪問ありがとうございます!よろしければぽちっとお願いします!

[2009/04/24 22:10] | TB(0) | CM(6)

娘の容姿 

おはようございます!


今日はこれから実母の誕生日会を開く!
といって朝からはりきって娘はお料理しています。

最近、卵が割れるようになったり、
お風呂のお掃除をまかせられるようになったりと、
2年生になって、えらい大きくなったなあ・・・と思わせて

まだまだ、とんちんかんな娘。

先日ジャスコにお買い物に行ったときも
駐車場を歩いていたら、後ろで

「ごーん!」

ってすごい音がして驚いて振り返ってみると
街路灯にカオから激突してましたから。
いくら余所見してても、あのサイズの街路灯が
目に入らないなんて、まさにありえなーい!


娘の誕生には、イロイロと苦労があったので
娘が生まれるまで 参照

下の息子が生まれるまで
まさに私の中では世界1だったんだけど。

娘が大きくなり、息子が1歳になったあたりから
周りの反応に差が出始めてきた。


私的には、どちらもそりゃあもう可愛いんだけど
他の人は、やっぱりぱっと見でいろいろ言う。


実は、そう。

娘は、そのう、あのう、なんていうか、
見た目が、少し、そう、少しだけ、普通な女の子だ。


つまり、10人並の容姿なのよ。客観的にみると。

が、しかし。

息子のほうは、どうも違う。

会う人会う人、口々に息子を見て

可愛いね~。将来ジャニーズ?


と言う。

親の目からみても、なんというか
息子は容姿的にどう見ても
娘よりも今のところ可愛いのだーー!

まあ、所詮は兄弟なんだし、まだ小さいし
大人になってからはまた違うと思うんだけど
先日、家族で温泉に行った時、
2人でアイスを食べてるところで、どこかの
おばちゃんが息子にだけ
「ボク、かわいいね~~」
と話かけてて、その後、娘は私に
「私は、可愛くないの?」
と聞いてきた。


「そんなことないよ!ママは○○チャンの方が
可愛いとおもうなー」



と言ってあげたら、納得していたみたいだったけど。


生まれる前は、ちゃんと手や足がついているかしら?とか
重い病気にならないといい、とか、思っていたクセに
贅沢というかなんというか。

しかし、見た目に関しては、親はどうにもしてやれない。

私も、オンナとして生きてきて
美人って得だな~と思う事が多くありました。
娘にも、エビちゃんみたいなカオをつけてやれたら
良かったけど、親がこのレベルじゃ、やっぱり無理よねえ。

私が出来る事とといえば、
健康的に育てる事、身だしなみをキチンとしてあげる事
とか、見た目に関してはそのくらいかな。

大きくなったら、きっと二重にしたい!って言うだろうから
そのくらいならパパに内緒で許してあげよう。



成長と共に、悩みが増えてくるなとひしひしと感じる今日この頃。


なんとか、娘にはたくましく育って欲しい。



ちなみに、息子は一体誰に似ているのか?
みんな、「ママに・・・・・・似てる???」


ちょっと、ちょっとー!なんで語尾が?なの?
私に似てるに決まってんでしょ!
娘は、目元がパパにそっくりで、
パパの親戚の集まりに行くと、大人気です(゚▽^*)☆


さてさて、来週は、ダンナの仕事が立て込んでいて
ずーっとどこにも行けなかったので、仕事が一段落ついたら
旅行に行こうと決めていました。

行き先は子供達のリクエストでディズニーランドです。

自慢じゃないけど、リゾートホテル、泊まるの
超久しぶり~~~~~!

ここの所、調子悪かったので
何とかリフレッシュして、相場、頑張りたいと思います。


それでは、みなさま、楽しい週末をお過ごしくださいね!


いつも、訪問ありがとうございます!よろしければぽちっとお願いします!

[2009/04/11 07:42] | TB(0) | CM(7)

娘が生まれるまで パート2 

おはようございます!

朝目が覚めた時は、すごい勢いで降っていた雨もやんで
今はすごくいい天気です。
ただ風は強くて、昨日に比べると寒く感じます。



さてさて、予告通りパート2のお話です。


体外受精に失敗してすごーく落ち込んでいたけど
時間と共に、少しずつ元気を取り戻し始めた、確か
3月の最初の頃、その事件はおきた。

毎週、ほぼ欠かさず、ダンナの実家にはカオを出して
いたので、電話がかかってくる事はなかったのに、
その日はすごーく珍しく、ダンナの実家から電話がかかってきた。


?と思って出てみると、当然、お義母さんだった。
彼女は余計な事は、聞いてもいない事までよーく話すくせに
肝心なことは、きちんとしゃべらない、ヘンなクセの持ち主
なんだけど、その電話も、なんの話かよく分からない。

もってまわった言い方で、要領を得ないその話に
私は辛抱強く付き合いながら話の中身が見えてくると・・・

私は、衝撃のあまり絶句した。


お義母さんの話をまとめるとこうだ。

「私の知り合いに私の(子供が出来なくて役立たずの
嫁の話よね、つまり)話をしたら、その知り合いの友達だか
親戚だか、なんだかが、ご利益のある神社を知っていて、
そこへお願いに行ってみたらいい、と言われたから、
行ってみようと思うんだけど、どうか?」



という事だ。


私の衝撃とは、つまり・・・



あそこまでやっても、お義母さんは子供を
諦めてはくれないんだ!


ということだった。

その瞬間からあまりの脱力感で何を言って電話を
切ったかも覚えていない。
とにかく、断る事もできずに、そのご利益のある神社とやらに
行く事になってしまった。


当日、私のテンションは生まれてから最大レベルの低さだった。

逆に義母さんはテンション高めで、あまりにもちぐはぐな
2人組みに私は、もう言葉もなくついて行くのみ。

そのご利益のある神社っていうのは、なんてことない
我が家から車で5分足らずのところにある、小さな神社で
行くと思いがけず若い神主が出てきて
4畳半みたいな小さな寄り付けに通された。

お義母さんは、畳に額をこすらんばかりに神主に平伏して
お金の入ったぽち袋を渡すと、よろしくお願いします
みたいなコトをいっていた。

神主はうやうやしく、「では神様に聞いてまいります」
と言い残して、私たちをおきどこかへ行ってしまった。

そのせまい部屋でお義母さんとこたつにあたり待っていた間、
私の心はもうもう、ぐちゃぐちゃだった。

ただでさえ、信仰心の薄い私は、

(神様に聞いてくるって何を聞いてくるつもり?
神様に聞いたら、赤ちゃん出来るってこの人ほんとに
思ってんの?バカじゃないの?そんなわけないじゃない!
あんなに治療して、精一杯やったって出来なかった
じゃないの!こんな事で、ほんと妊娠できるなら
おへそでお茶が沸かせるわ。医者だっていらないし
不妊治療する人なんて、この世からいなくなるわよ!
いい加減にして!どこまで私を傷つければ気が済むわけ?」




ひたすら待っていた間、こんなことが頭の中をぐるぐるしていて
苦しいったらなくて。

そんなこんなで多分30分くらい経った時、神主さんが
ひょっこり戻ってきた。

お義母さんは、またも平伏しながら
「いかがだったでしょう?」

すると神主は、こういったのだ!

「神様に聞きましたところ、まだまだ時間がかかり
あなたの願いは叶えられないとのことでした。
ですが、希望はまったくないわけではないので、まあ、
がんばりなさい。」



お義母さんは、あからさまにがっかりした様子だったけど
私は、一体どうすれば?

現代医学でダメで、どこかの神様にまでダメだしされて。


もう笑っていいのか、泣いていいのか。


お義母さんと帰り道、口も聞かずに、さっさと帰ってきた。


家に着いたら、そりゃあもう
泣けるとも、泣けるとも。


どうしたら、諦めてくれるのか?
これから、いつまで、こんなことを繰り返すのか?

正直、この時の体験は体外受精で失敗した時より
私にはキツかったように思いました。



今にして思えば、あんなに卑屈になることなかったって
思うんだけどね。
お義母さんも、別に私を傷つけようと思ったわけじゃなくて
医者がダメなら神頼みみたいな、むしろ私の為だと
やってくれたんだと思うんだけど。

あの時は、無神経なお義母さんに腹が立って仕方が無かった。

それでも、やっぱり時間と共に、なんとなくやりすごし
あの神主のことを忘れていった私。






で、その3ヶ月後、  そうなの



妊娠、発覚!







妊娠した事をお義母さんに伝えたら、開口一番に

「ご利益、あったなあ!」



工工エエエエェェェェェヽ(゚Д゚;)ノ゙ェェェェエエエエ工工

そっち?
そっちなの? まるで私のおかげだと言わんばかりの
その態度に、またもや びっくり!

お義母さんに言われるまで、そんなの思ってもみなかった。
しかも、あの神様、時間かかるし、無理って言ってたジャン!

とか叫びたかったけど、その時、私はこの世の誰よりも
幸せな気持ちだったので、笑って許してあげたけどね。


ご利益だったと言われれば、なにせ見えないものなので
否定も出来ないけど、あの時、深く傷ついた私の心を思えば、
正直、あの神様は私にとっては必要の無いものだったと
今でも思っているの。


なんて言ったらいいか・・・そうそう。これこれ


小さな親切 大きなお世話

ってヤツですね。


キチンと相手の気持ちを汲んで、必要なことを
見極めるのは、すごく大切なことなんだな~と
その時、すごく学びました。


本当は、誰よりも


お義母さんに学んでいただきたい!

でも、無理!だろうなあ・・・・・ε-(;-ω-`A) フゥ…


お義母さんには、その後も

「妊娠出来たんだから、治療代がもったいなかった。
あの治療代で、いろんなモノが買えたよな」
とか、その他いろいろ暴言を吐かれましたが、
未だに、関係は良好に保っております。



 (*゚ロ゚)ハッ!!  私って、なんてエライの!



さてさて、ここら辺でパート2のお話はおしまいです。
あれ?ユーモラスだったかなあ。まあ、いいか。



それでは、また連休明けに!

みなさま、有意義なお休みをお過ごし下さいね!




いつも、訪問ありがとうございます!クリックもしていただけたら、大感激です!


[2009/03/20 13:59] | TB(0) | CM(0)









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。